|青森はりんごの生産量が日本一
 
青森がりんごの生産量日本一だということは、小学生の社会の教科書にも載っていることですし、すでにご存知の方も多いと思います。
 
農林水産省の統計でみると、平成26年のりんごの生産量は、1位は青森で468,000トン、2位は長野で162,900トン、3位山形で52,400トン…だそうです。2位の長野と2倍以上の差がひらいているので、群を抜いて青森の生産量がダントツですね。この「日本一」というのはダテではありません。
 
当然青森では、青森のりんごをつかった加工品がたくさん出てくる訳なんですが、そのなかでも青森のりんごジュースは根強い人気があります。セプ・ドールでも、青森のりんごジュースはよくリピートされるんですよね。
 
じゃあ、どうしてそんなに人気があるのか?その理由について、ちょっとだけりんごジュース生産のウラガワについて解説します。
 
 
|原材料のりんごは生で食べられる品質
 
前回と前々回(それぞれリンク埋め込み)のブログで、2回にわたって濃縮還元とストレート製法のりごジュースについて解説しましたが、なかでも青森が全国に誇れるのは、このストレート製法のりんごジュースの存在です。
 
濃縮還元という製法は、中国をはじめとする海外の生産地から、現地で加工された原材料が、濃縮された状態で国内に輸入されるしくみになっています。とても安価で手に入るので、多くの業者はこれを利用して国内でりんごジュースに加工して販売しているんです。
 
海外で生産されたりんごは、りんごジュースになるべくしてつくられたりんごジュースで、生食されることを想定してつくられていません。もっと極端に言えば、生で食べてもあまりおいしくないりんごが使われている、ということなんです。
 
 

 
 
では、ストレート製方のりんごジュースはどうなのか?セプ・ドールで一番人気のある青森のりんごジュース「希望の雫」をはじめ、ほとんどの青森のりんごジュースは、100%国産のりんごをつかっています。
 
また、青果として全国に流通するブランドりんごを贅沢につかっているので、当然のように濃縮還元のりんごジュースよりもフレッシュな味わいです。そもそも原材料となるりんごから違うので、おいしくて当然なんです。
 
生で食べることができるりんごを贅沢につかっているからこそ、別格の美味しさがあるのが、青森のりんごジュースなんですよね。
 
一度も飲んだことがないのであれば、ぜひ試してみてください!
セプ・ドール・オンラインでも取り扱っています!
|ひとつは濃縮還元…もうひとつは?
 
前回のブログ「果汁100%のりんごジュースには2つの種類があることを知ってますか?」で、りんごジュースには大枠で2種類のものがある、ということについてお伝えしました。
 
そのうちの1つが、前回もお伝えした“濃縮還元”です。世の中にでまわっている果汁100%りんごジュースの大半は、この濃縮還元によるものだと言っても過言ではないかもしれませんね。
 
では、もう一方のりんごジュースとは、どんな種類のものなのか?それを、今回のブログでご紹介します!
 
|りんご本来の味を楽しめるストレート製法
 
世の中には、2種類のりんごジュースがあります。ひとつは、濃縮還元によるもの。じゃあ、もうひとつは?それが、“ストレート”製法によってつくられたりんごジュースです。
 
“ストレート”と言われるとイメージがしにくいかもしれませんが、端的に言えば、生でしぼったりんごに特に何も加工をせず、そのまま容器につめ込む製法でつくられたりんごジュースのこと。
 
りんご丸絞りジュース、と言えばわかりやすいかもしれませんね。
 
濃縮還元のように、乾燥させたり水を加えて戻したりすることがないので、りんご本来の風味がそのままつめ込まれています。中には添加物がゼロのものもあり、りんごそのものを食べているのとあまり変わらない、そんなりんごジュースもあります。お子さまにも安心して飲ませることができるのが、このストレートタイプのりんごジュースだと言えますね。
 
これだけきくと、ストレートタイプのりんごジュースはいいコトづくしだと思われるかもしれませんが、このタイプのりんごジュースはりんごを贅沢につかっているので、東京や大阪といった需要が多いところでは、濃縮還元よりも高い値段で取引されることがほとんどです。
 
 
|ぜひ飲み比べてみてください
 
手軽に安価で手に入る濃縮還元のりんごジュースと、少し値は張るけど、りんごそのものの風味を味わえる、ストレート果汁のりんごジュース。製法が全く違うこの2つを飲み比べてみれば、味がぜんぜん違うことがわかると思います。
 
とくにストレート果汁タイプのりんごジュースは、一度も飲まれたことがないのであれば、ぜひ試してみてください。感動モノですよ(笑)
 
ちなみに青森は日本一のりんごの生産地だということもあって、このストレート果汁りんごジュースが、安価でカンタンに手に入ります。セプ・ドール・オンラインでもお求めやすい価格で取り扱っていますので、
 
「一度も飲んだことがない!」
「ためしに飲んでみたい!」
「人にプレゼントしたい!」
 
という方は、ぜひ試してみてくださいね。
 
【青森のりんごジュース】アオレン 希望の雫 ブレンド 密閉搾り
1L瓶 1ケース6本入り 1,852円(税137円)
|あなたが今飲んでいるりんごジュースはどっち?
 
一口に「果汁100%りんごジュース」と言っても、近くのお店に本当にたくさんの銘柄のりんごジュースが並んでいることからわかるように、1つ1つのりんごジュースには細かい違いがあります。
 
ただ、「じゃあいったいどんな種類があるの?」と思われたのであれば、大枠で“2種類のりんごジュース”があると思ってもらえれば良いでしょう。
 
今回はこの2種類のりんごジュースについて、2回にわけて解説していきます。次回のブログとあわせてお読みくださいね!
 
 
|ほとんどは濃縮還元のりんごジュース
 
まずひとつは、100%濃縮還元のりんごジュースです。おそらくですが、身近にあるりんごジュースのほとんどがこれで、多くの人にとって「りんごジュース」といえばこの味なのではないでしょうか?
 
実はりんごは、年中収穫できるというものではなく、1年の限られたタイミングでしか出荷されません。それでも通年でりんごジュースをお客さまの手元に届けるために、収穫したりんごを加工して保存しています。
 
この方法として一般的なのが、この濃縮還元という方法です。
 
とれたりんごの水分を飛ばしたものに、もう一度水を加える。すると、濃縮還元の果汁100%りんごジュースができます。
 
ただこの製法は、保存することを優先しているので、りんご本来の味や風味は、この濃縮還元の過程でほとんど損なわれていると言っていいかもしれませんね。
 
これを補うために濃縮還元のりんごジュースは香料などの添加物が加えられることが多いんですが、これが逆にリンゴ本来の風味と違った風味をあたえてしまうことになるんです。
 
濃縮還元は、生産者側から見るとほんとうに便利な製造方法なんですけど、飲む人から見れば、ちょっと損な方法なのかもしれませんね。
 
次回は、もう一つの製法についてご紹介します。ぜひ楽しみにお待ちください!
1