|青森はりんごの生産量が日本一
 
青森がりんごの生産量日本一だということは、小学生の社会の教科書にも載っていることですし、すでにご存知の方も多いと思います。
 
農林水産省の統計でみると、平成26年のりんごの生産量は、1位は青森で468,000トン、2位は長野で162,900トン、3位山形で52,400トン…だそうです。2位の長野と2倍以上の差がひらいているので、群を抜いて青森の生産量がダントツですね。この「日本一」というのはダテではありません。
 
当然青森では、青森のりんごをつかった加工品がたくさん出てくる訳なんですが、そのなかでも青森のりんごジュースは根強い人気があります。セプ・ドールでも、青森のりんごジュースはよくリピートされるんですよね。
 
じゃあ、どうしてそんなに人気があるのか?その理由について、ちょっとだけりんごジュース生産のウラガワについて解説します。
 
 
|原材料のりんごは生で食べられる品質
 
前回と前々回(それぞれリンク埋め込み)のブログで、2回にわたって濃縮還元とストレート製法のりごジュースについて解説しましたが、なかでも青森が全国に誇れるのは、このストレート製法のりんごジュースの存在です。
 
濃縮還元という製法は、中国をはじめとする海外の生産地から、現地で加工された原材料が、濃縮された状態で国内に輸入されるしくみになっています。とても安価で手に入るので、多くの業者はこれを利用して国内でりんごジュースに加工して販売しているんです。
 
海外で生産されたりんごは、りんごジュースになるべくしてつくられたりんごジュースで、生食されることを想定してつくられていません。もっと極端に言えば、生で食べてもあまりおいしくないりんごが使われている、ということなんです。
 
 

 
 
では、ストレート製方のりんごジュースはどうなのか?セプ・ドールで一番人気のある青森のりんごジュース「希望の雫」をはじめ、ほとんどの青森のりんごジュースは、100%国産のりんごをつかっています。
 
また、青果として全国に流通するブランドりんごを贅沢につかっているので、当然のように濃縮還元のりんごジュースよりもフレッシュな味わいです。そもそも原材料となるりんごから違うので、おいしくて当然なんです。
 
生で食べることができるりんごを贅沢につかっているからこそ、別格の美味しさがあるのが、青森のりんごジュースなんですよね。
 
一度も飲んだことがないのであれば、ぜひ試してみてください!
セプ・ドール・オンラインでも取り扱っています!
コメント
コメントする